ホーム スマホニュース

スマホニュース

Galaxyエントリーにも防水機能導入か まず2022年の「Galaxy A33(仮)」から?

近年は廉価なスマートフォンでも対応が進んでいる、防水機能の導入。しかし韓国サムスンのローエンド/ミドルレンジスマートフォン「Galaxy A1シリーズ/A3シリーズ」は意外なことに、これまで同機能に対応していませんでした。そんな状況も、来年の登場が期待されている「Galaxy A33 5G(仮称)」にて変わるかもしれません。韓国テクノロジー系ニュースサイトのThe Elecは、2022年からGalaxy A1シリーズやGalaxy A3シリーズにも防水機能の導入が始まると報じています。The Elecは特にサムスン系ニュースの正確性と詳細さに定評がありますから、今回の情報もそれなりに信憑性があります。

アップル、年末商戦前にiPhone 13の需要が弱まってきたとサプライヤーに連絡したうわさ

いよいよ12月に入って年末商戦を控えるなか、アップルが一部の部品サプライヤーにiPhone 13シリーズの需要が弱まってきていると伝えたとの噂が報じられています。これはiPhone 13およびiPhone 13 Proの2機種、人気を牽引してきたモデルの配達予定日が前倒しになり始め、クリスマス前に出荷できるようになった状況を受けてのものです。ちなみに先日、iPhoneやiPadの一部モデルが主要アジア市場でクリスマスまでに届かない可能性があるとの日経報道があったばかりです。

Mac用「M3」チップは3nmプロセス製造?台湾TSMCがテスト生産開始のうわさ

アップルのチップ製造パートナーである台湾TSMCが、2022年の第4四半期中に3nmチップの量産を始める予定との噂が報じられています。このことは、早ければ2023年にはアップル製品に3nmチップが搭載される可能性を意味していると言えます。台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesのレポートによると、TSMCはすでにN3(3nmプロセス技術)を使った「パイロット生産」を開始しており、2022年第4四半期には量産に移行する予定とのことです。

Google検索、米国での病院検索で保険適用や対応言語がわかるように

Googleは12月2日(現地時間)、米国での医師や病院の検索結果において、対応する保険システムや、スタッフが話せる言語を確認できるオプションを追加したと発表しました。皆保険制度が整っている日本では、ほぼ問題になることはありませんが、米国では医療保険に入っていない人も多く、また加入している保険によって利用できる医療施設が限られることもあります。このため、自分の保険が使えるかどうかなど、医療施設を探す際に、まずネットで検索する人が多いのだとか。

令和に帰ってきたG'zOneケータイをレビュー 実機に触れたらスマホ版が欲しくなった

タフネスケータイの代名詞的な存在といえるG'zOne シリーズ。唯一無二の存在として時代とともに進化し、2011年にはG'zOneシリーズ初のスマートフォン「G'zOne IS11CA」が発売。その後も5G時代へと続くのかと思いきや、2013年にカシオ計算機が携帯電話事業から撤退したことで、「TYPE-L」を最後にG'zOneシリーズは姿を消しました(開発が途絶えました)……。

一部の旧 G'zOne ケータイ → 新型 TYPE-XX への変更は無料。auの太っ腹な3Gとりかえ割

高耐久が売りのタフネスケータイ「G'zOne TYPE-XX」。その販売元であるKDDIが条件を達成すればG'zOne TYPE-XXの機種代金がタダ=無料になると案内しています。具体的にはKDDIまたは沖縄セルラーに登録された直近の購入機種(au取扱店での購入機種)が下記となっている場合、最新機種G'zOne TYPE-XXへの機種変更手続きを店頭かオンラインで行えば、機種代金が52,800円引きになります。

実はスマホでも使える!? Android 12Lの初ベータがPixelに。UIは予告通り変更

米Googleが、折りたたみスマートフォンやタブレットでの使用を想定した「Android 12L」の初ベータ版(Beta 1)を、Pixelスマートフォン向けに公開しました。Android 12Lは、上述したAndroidデバイスの形状の多様化にあわせて投入される新OSです。本来はこれらのデバイスに向けた設計となりますが、今回はPixel向けの提供に。これは、Android 12Lがスマートフォンでも使える仕様だった、ということにもなります(もちろん、正式リリース時に変更される可能性もありますが)。Android 12Lの主な特徴としては、対象デバイスの大画面を活かした、独特の画面レイアウトが採用される点。

iPhoneユーザーが「追跡拒否」しても、FacebookやSnapchatは追跡が続けられるとの噂

アップルは今年4月、iOS 14.5以降にアプリトラッキング透明性(以下「ATT」)、すなわち「アプリが異なるWebやアプリをまたいでユーザーを追跡する際には、明示的な許可を得なければならない」プライバシーポリシーを導入しました。しかし、このルールの「ゆるい」解釈により、FacebookやSnapchatなどのアプリは、ユーザーが追跡を拒否した場合でも、ターゲティング広告のための追跡を続けている、と報じられています。ATTが開始されてから7か月が経過しましたが、英Financial Times報道によれば、SnapchatやFacebookなどの企業はアップルから「iPhoneからのユーザーレベルの信号の共有」(アクティビティの追跡)の継続が認められたとのこと。

アップル製品のデザイン、ジョニー・アイブが退社後「美しさより機能」に改善されたとの分析

アップルの製品デザインは、元デザイン最高責任者ジョニー・アイブ氏が2019年に退社してから「美しさよりも機能」に改善されたとの見解が、大手メディアBloombergのコラムにて述べられています。同誌のアレックス・ウェブ(Alex Webb)記者は、アイブ氏が去ってから、アップルは形よりも機能を再び重視するようになったと分析しています。例えばiPhone側面のエッジは、落としたときに割れやすい三次元的な曲面が廃止に。そしてApple TV用Siri Remote(リモコン)の第1世代は上下対称のために逆さまに持ってしまいがちでしたが、5月に発売された第2世代ではデザインが改善され、テレビの電源ボタンやミュートボタンが追加されて使いやすくなったという具合です。また19日に発表された新型14インチおよび16インチMacBook Proは、HDMIポートやSDカードスロットにMagSafe充電端子など、アップルが2016年に廃止したいくつかの外部ポートが復活していることが注目を集めています。

本体色をカスタム可能なGalaxy Z Flip3 Bespoke Edition海外発表。メゾンキツネとのコラボモデルも

Galaxyシリーズを手がける韓国サムスンが、49パターンのカラーカスタムが楽しめる折りたたみスマートフォン「Galaxy Z Flip3 Bespoke Edition」と、ライフスタイルブランドのメイゾン キツネ(Maison Kitsuné)とコラボレーションしたスマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンを海外発表しました。参考記事:49種類のカラバリを選べる Galaxy Z Flip3 Bespoke Edition 海外発表、購入後の色変更もOK(山根博士)

OPPOもスマホ用独自プロセッサに参入か クアルコム離れさらに加速?

中国OPPOがスマートフォン向けの独自プロセッサを2023年〜2024年にも投入するとの情報を、Nikkei Asiaが報じています。現在のテック業界は「独自プロセッサ」がトレンド的なワードとなっており、先日に米Googleが発表した新型スマートフォン「Pixel 6シリーズ」は、「Tensor」プロセッサによる高度な人工知能/機械学習処理を実現しています。

Google Playストアの手数料、サブスクリプションと音楽配信、電子書籍アプリで値下げへ

Googleは10月21日(現地時間)、Google Playで有料アプリを配信する際に開発者が支払う手数料の値下げを発表しました。対象はサブスクリプションサービスと音楽ストリーミング、電子書籍アプリで、サブスクリプションは初年度から15%、音楽ストリーミングと電子書籍は10%の手数料となります。Google Playストアの手数料は、7月1日から年間売上が100万ドルまでは15%に引き下げられていましたが、サブスクリプションに関しては、初年度は30%、2年目からは15%となっていました。ただ、これに対し、サブスクリプションの提供元からは、ユーザー離れにより割引の恩恵を受けられないとの声が上がっていたようです。

Most Read

OPPO初の折りたたみスマホ「Find N」ティザー公開 Galaxy Z Flod風の横折りタイプ

中国OPPOは同社初となる折りたたみスマートフォン「Find N」のティーザー動画と画像を公開しました。折りたたみスマートフォンといえば、韓国サムスンの「Galaxy Z」シリーズから中国ファーウェイの「Mate X」、米モトローラの「razr」、シャオミの「Mi Mix Fold」まで、新製品が次々と投入されています。またその製品は「Galaxy Z Foldシリーズ」のように横に画面を開くもの、「Galaxy Z Flip」のように縦に画面を開くものの2タイプに分類されます。

4本のアームを自在に折りたためるドローン。狭い場所を通ったり物を掴んだりポテンシャルすごい

カリフォルニア大学バークレー校のHiPeRLabにて、4本のアームを任意に折りたためられるクアッドコプターの研究が進められています。 ソースリンク

2021年8月発売ヤバイ・ゲーム5選

★次回の動画は、8月20日の夕方頃、アップの予定です。 ★チャンネル登録はこちら↓ http://www.youtube.com/channel/UC8vK6S6O8UpqUUcEitIFfHw?sub_confirmation=1 毎月恒例!! 8月は発売のヤバイゲームをまとめてみましたよ!! 今月は,数は少ないですけどクリティカルなゲームが出ますからね。待ちに待った月姫,ゴースト・オブ・ツシマの拡張版など,絶対買うわ真骨頂なゲームが出ますよ。前回と同様,ぶっ続けで一挙5タイトル+ダイジェスト,約24分近い長尺の動画となってしまいましたが,全力で紹介していきますので,最後までお楽しみください!! 動画内で過去のゲームの話をしていますが,思い出補正でいろいろと間違っているかもしれませんが,そこは間違っていたらごめんなさいです。 ※スマホの方は、固定のコメント欄にタイムスタンプのリンクを張っておきますね ★約24分間ノンストップなので,だいたいのタイムスタンプです。 00:00 茶番オープニング 01:12 ノーモア★ヒーローズ3 05:51 ダイジェスト 07:58 ゴースト・オブ・ツシマ ディレクターズカット 14:04 Kena: Bridge of Spirits 18:00 月姫 -A piece of blue glass moon- - TYPE-MOON 21:05 ナツノカナタ *** ・ノーモア★ヒーローズ3  2021年8月27日/ SWITCH  https://amzn.to/2WwG9zl ・ゴースト・オブ・ツシマ...

iPhoneとMacの延長保証AppleCare+、2度目の加入チャンスがもらえるウワサ

これまでアップルの延長保証プランAppleCare+は、デバイスの購入から60日以内でなければ購入できませんでした。しかし8日(米現地時間)現在では、いくつかの条件つきで2回目の加入チャンスがもらえるとの噂が報じられています。米MacRumorsが入手したアップルの内部メモによると、アップル直営店またはアップル正規サービスプロバイダでiPhoneまたはMacの修理を受けたお客は、購入してから1年以内で、修理後の物理的な検査と診断に合格した場合に限り、AppleCare+に加入できるようになったとのことです。