ライスフォース 成分

更新日:

成分のヘッダー画像

毎日のスキンケア、化粧品に含まれる成分って気になりますよね。

成分によっては、アレルギーや肌トラブルの原因になるので当然ですが(^^;

ライスフォースにも有効成分ライスパワーNo.11以外にも様々な成分が配合されていますので、各成分について解説していきますね。

関連記事:ライスフォースの口コミをチェック!ビフォーアフター写真で効果検証

ライスフォースの成分をチェック!スキンケア商品はアレルギー・刺激テスト済み

まず公式サイトでライスフォースの成分をチェックしてみました。

具体的に公式サイトの情報を載せますね。

無香料 香料は使用していません。
着色料 合成着色料は使用していません。
石油系界面活性剤 無添加水と油を混ぜ合わせる性質を持つものを界面活性剤といい、主に乳化剤や洗浄剤として使われます。界面活性剤として、石油系のものは使用していません。
動物性原料 不使用動物性の原料は使用していません。
弱酸性 ライスフォースは肌を健やかな状態に保つため、基本的にpH値5.5の弱酸性を基準に作られています。
アルコール 一部商品に必要最低限のアルコールを使用しています。一般的に「アルコールフリー」の定義はエタノールを使用しないことです。アルコールを省くと逆に他の防腐剤を多用しなければならなくなり、その量によってはかえって刺激を感じる場合もあります。そのためライスフォースでは、ごく微量のアルコールを使用しています。
表示指示成分(パラベン) 基本の成分がお米という天然素材であるため、防腐剤として必要最低限のパラベンを使用しています。ライスフォースに使用しているパラベンは食品に使われているものと同じものです。
全商品アレルギー・パッチテスト ライスフォース製品は、複数の臨床医のもとで、刺激テストやアレルギーテストを全商品実施しています。

※すべての人にアレルギー・刺激が起きないというわけではありません。(引用元:ライスフォース公式サイト

※すべての人にアレルギー・刺激が起きないというわけではありません。」という部分が気になったので、全商品のアレルギー・パッチテスト状況をチェックしてみました。

アレルギーや肌の弱い方には死活問題ですもんね。

調べてみた結果、スキンケア商品は全てアレルギー・刺激テスト済みでした(^^)

ライスフォースのディープモイスチュアシリーズの全成分を紹介!

次に個々の商品について、成分を掲載していきますね。

今回リサーチした商品はライスフォースで一番人気のスキンケアシリーズ「ディープモイスチュアシリーズ」です。

ライスフォースといえば、みなさん青色のパッケージを想像すると思いますよね

スキンケア 「ディープモイスチュア」シリーズ

ディープモイスチュアの画像

クレンジングミルク メイク落とし

クレンジングミルクの画像

全成分 トリエチルヘキサノイン、エチルヘキサン酸セチル、水、米抽出液(ライスパワーNo.2)、BG、ジイソステアリン酸PEG-12、ミツロウ、ベヘニルアルコール、ローズマリー葉油、コハク酸ビスエトキシジグリコール、ステアリン酸グリセリル、ステアレス-20、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイルグルタミン酸Na、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、キサンタンガム、トコフェロール、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無香料、無着色、動物性原料不使用、無鉱物油、石油系界面活性剤不使用、弱酸性

メイクアップリムーバー メイク落とし

マイクアップリムーバーの画像

全成分 水添ポリイソブテン、オクチルドデセス-25、ソルビトール、米抽出液(ライスパワーNo.2)、グリセリン、メチルグルセス-10、トリエチルヘキサノイン、水、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、アルコールフリー、弱酸性

マイルドフェイスウォッシュ  洗顔料

マイルドフェイスウォシングの画像

全成分 水、ミリストイルグルタミン酸K、BG、PEG-400、米抽出液(ライスパワーNo.1)、ソルビトール、PCAイソステアリン酸PEG-40水添ヒマシ油、ステアリン酸、ジステアリン酸グリコール、ラウリン酸、エタノール、メチルパラベン、ブチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性

ディープクリアローション   ふき取り化粧水

ディープクリアローションの画像

全成分 水、米抽出液(ライスパワーNo.1)、エタノール、米抽出液(ライスパワーNo.10)、BG、DPG、グリセリン、乳酸、リンゴ酸、グリチルリチン酸2K、ハマメリス葉エキス、チャエキス、カミツレ花エキス、スクワラン、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、水添レシチン、水酸化レシチン、グルコース、PEG-40水添ヒマシ油、メチルグルセス-10、ラウリン酸スクロース、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10ー30))クロスポリマー、クエン酸、クエン酸Na、AMPD、メチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、中性

ディープモイスチュアローション   薬用保湿化粧水(医薬部外品)

ディープモイスチュアローションの画像

有効成分:ライスパワーNO.11

その他の全成分 水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性

ディープモイスチュアエッセンス 薬用保湿美容液(医薬部外品)

ディープモイスチュアエッセンスの画像

有効成分:ライスパワーNO.11

その他の全成分 水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性

ディープモイスチュアクリーム 薬用保湿クリーム(医薬部外品)

ディープモイスチュアクリームの画像

その他の全成分 水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、アルコールフリー、弱酸性

プレミアムパーフェクトマスク(4枚入り) シート状美容液マスク(医薬部外品)

プレミアムパーフェクトマスクの画像

有効成分:ライスパワーNO.11

その他の全成分 濃グリセリン、ヒアルロン酸Na-2、水、グリチルリチン酸2K、BG、DPG、トリメチルグリシン、POE・ジメチコン共重合体、POE・POPジメチコン共重合体、POE(20)ヤシ油脂肪酸ソルビタン、POEメチルグルコシド、ショ糖脂肪酸エステル、エタノール、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性

ホワイトニングクリアエッセンス 薬用美白美容液(医薬部外品)

ホワイトニングクリアエッセンスの画像

有効成分:ビタミンC・2-グルコシド

その他の全成分 ライスパワーNo.23(米エキスNo.23)、水、カミツレ油-2、ステアロイルグルタミン酸Na、濃グリセリン、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ミリスチン酸ミリスチル、ステアリン酸ポリグリセリル、親油型ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、オクタン酸セチル、シクロペンタシロキサン、BG、DPG、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、ベヘニルアルコール、ミリスチルアルコール、エタノール、ピロ亜硫酸Na、EDTA-2Na、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、中性

Q&A

ライスフォースと成分が似ている化粧品は?

コーセーの米肌が良くライスパワー成分が配合されているということで比較されます。

ただし、有効成分として配合されている米肌の商品は美容液のみになります。

ライスフォースはセラミドを増やす役割があるの?

あります。ライスパワーNo.11は肌にあるセラミドの合成機能を促して、肌が持っている力でセラミドを増やします。

Copyright© ライスフォース 口コミ , 2019 All Rights Reserved.