ホーム スマホニュース SD888+搭載で最強ゲームスマホがさらに高速化。ASUSがROG Phone 5S/5S Pro海外発表

SD888+搭載で最強ゲームスマホがさらに高速化。ASUSがROG Phone 5S/5S Pro海外発表

台湾ASUSが、ゲーミングスマートフォンの新モデル「ROG Phone 5s/5s Pro」を海外発表しました。今年3月には前モデル「ROG Phone 5/5 Pro/5 Ultimate」が発表されたばかりのROG Phoneシリーズですが、速くも第5世代のマイナーチェンジ版が登場することになった格好です。

今回のROG Phone 5s/5s Proでの最大のアップグレードは、プロセッサ(SoC)が米クアルコムの「Snapdragon 888+ 5G」へと刷新されたこと。現行の5系がSnapdragon 888 5G搭載だったため、SoCレベルでのアップグレードとなります。

SD888+の特徴は、搭載CPUのKryo 680の動作クロックが、最高3.0GHzへと向上したこと(SD888では最高2.84GHz)。また、合わせてAI処理性能も強化。無印888での26TOPSから、32TOPSへと強化されています。これにより、ゲーミングパフォーマンスの向上が期待できます。

さらにSoCに合わせて、入力精度も向上。画面のタッチ操作を検出するタッチサンプリングレートが前モデルの300Hzから360Hzへと、さらに高速化されています。中国レノボの「Legion Phone Duel 2」の720Hzほど過激なスペックではありませんが、シビアな操作が求められるシーンではこの速度向上が役立つこともありそうです。

ROG Phoneシリーズは様々なゲーム向け機能が搭載されている点も特徴ですが、無印5シリーズで搭載されていた機能は本モデルにも継承。本体に搭載された複数タッチセンサーで、ゲームコントローラーのような操作感を実現する「AirTrigger 5」なども利用できます。

さらに、ROG Phoneと言えば……の、豊富なオプションにも対応。小型ファンによる外部冷却システム「AeroActive Cooler 5」、スマホを挟み込むゲームコントローラー「ROG Kunai 3 Gamepad」にも引き続き対応しています。

その他の基本的なスペックは前モデルをほぼ踏襲しており、ディスプレイは6.78インチ/144Hz駆動の有機ELを搭載。RAM容量は最大18GBで内蔵ストレージ容量は最大512GB、背面カメラは6400万画素で前面カメラは2400万画素となります。

なお標準モデルとProモデルの違いは、背面に着信や通知を表示するサブディスプレイ「ROG Vision」の搭載の有無となります。

既に台湾では製品の予約を受け付けており、出荷は8月24日を予定。

Most Popular

ケーブルも収納できて持ち運べるMagSafe充電器用スタンドが便利そう

iPhoneにピタッとくっつけて充電できるMagSafe充電器のための新しい充電スタンドが登場しました。スマートフォン向けアクセサリーを販売するOtterBoxは先日、MagSafe充電器を使った充電スタンド「Otterbox Folding Stand for MagSafe Charger」を発売しました。 ソースリンク

イナイレ新作ゲーム発売まで、毎日一本ガッツギアを飲む影野仁 227日目

イナズマイレブンの新作ゲーム発売祈願として、イナズマイレブンのキャラクターがパッケージに起用されているドリンクゼリー「アミノバイタルガッツギア」を1本飲む動画を毎日投稿します Twitter始めました https://mobile.twitter.com/jinkageno サブチャンネル https://youtube.com/channel/UCylibyhNxrP-pmIwe4XInWw  #shorts #イナズマイレブン#味の素

iPhone 13、iPad miniついに発売 先行レビューまとめ

本日9月24日、AppleのiPhone 13シリーズ、iPad mini(第6世代)、そしてiPad(第9世代)が発売となりました。

Recent Comments